モノ/ステレオパワーアンプ mbl 9008 A

バランス型モノラル/ステレオ パワーアンプ mbl 9008について


本機は設計にあたりICあるはマイクロプロセッサー等を使用せず、最高品質の部品で構成されたディスクリート構成の真のアナログ・アンプとしました。回路は純バランス回路構成です。モノラル動作の場合は2回路の高品質パワーアンプが(正相と逆相で)グランドにアースを落とすことなしに動作します。リアー・パネルには金メッキの高品質のバランス入力用コネクターを採用しています。ステレオ・モードでご使用になることもできます。この場合はRCA端子を使用したアン・バランスのステレオ動作になります。ステレオ入力信号は6N銅の線材を介して直接基板に接続されています。モノとステレオ動作の切り替えにはリレーは使用せず、スイッチィングによる歪みを回避しています。本機は極めて柔軟性に富み、真に音楽を愛する方のためのアンプです。ホーム・シアターアンプとして使用すれば信じられないような高品位の再現が可能となります。
mbl によって開発された回路技術、DIPP(ダイレクト・プッシュ・プル)やIGC(アイソレート・ゲイン・セル)は独自の新開発の基盤回路との組み合わせによって、極めて短い信号系回路を実現しています。加えて特別の低誘導の部品パッシブ回路に投入していることにより本機では広帯域を実現しています。


技術的な特徴
・厚みのある銅板を出力部に使用した多重プリント基板
・基板の銅にはさらに金メッキを施しています
・ "ground-plane" レイアウト、"eye-of-an-needle" テクニック
・低誘導 MPC 抵抗、 MHz-タイプ RSH コンデンサ
・ 超高速リング・エイミッタ・トランジスタ、X・クロス配置
・クラスA対応レギュレーター電源回路
・mbl特製純銅スピーカー端子
・出力段にはリレーを使用せず
・198.000 uF 特製ロング・ライフ電源用コンデンサー
・内部配線には高純度銅線を使用(6NCU)
・DCサーボ・カップリング
・350 kHzを超えてもフラットな周波数特性
・コンパクトなサイズの卓越した筐体構造


完全バランス構成の2回路のこのアンプには2つの特製トロイダル電源トランスを搭載、一つはパワーステージ用、もう一つは完全シールドされたドライバーステージ用です。トランスは全てエポキシが充填され、メタル・シールドを介して極めて高い防振効果を考慮してマウントされています。出力段とドライバー段は夫々個別の電源回路を持っており、完全に分離したかたちで動作します。

本機は音質を害する不要な影響を全て排し純粋に音楽を聴くという楽しみを保証いたします。長い間あなたが捜し求めていたアンプはここにあります。

是非自身の耳でお確かめください。